ようこそ、太田尾公民館のホームページへ!! 長崎県西海市大島町太田尾地区の公民館活動などを紹介しています。

太田尾公民館の紹介

太田尾公民館の紹介

太田尾公民館太田尾公民館は、長崎県西海市大島町の西側に位置しており、約300名の太田尾という集落にある自治公民館です。
 太田尾公民館から見る、五島灘に沈む夕日が特に綺麗です。
 かの有名な映画監督(Y・Y)が大島に訪れたとき、百合岳公園から見る崎戸島~五島灘~平戸島の眺めはエーゲ海のようだと発言されました。

 西海市大島町は、急峻な地形を利用し、約400年前の旧大村藩においては、頑強な軍馬を育てるための放牧がなされていました。特に、太田尾には、馬が外に出ないように囲んでいた馬垣の後が残っています。また、太田尾には長崎市外海町から移住してきており、住民の半分近くがカトリック教会の信者で、信仰のための太田尾教会が建造されています。

 大島町の昭和30年代は、石炭の採掘が行われ(昭和45年閉山)、最盛期での人口は、約1万9千人いました。しかし、閉山後は、最盛期の人口の1/4近くまで激減しました。その後、大島造船所の誘致に成功し、昭和49年に操業が開始され、島に活気が戻りました。

 島民の永年の夢であった本土との架け橋、「大島大橋」(1095mの斜張橋)が完成し、平成11年11月11日11時11分11秒に開通しました。大橋によって大島町は、本土との大交流時代が訪れました。そして、平成17年4月1日、平成の合併ブームに乗って、大島町は隣町の4町と合併し、「西海市」となりました。その後、大島大橋の通行も平成23年4月1日より無料となりました。

 太田尾地区では、炭鉱閉山後の昭和45年に、島を出ていった人にふるさとの状況を知らせようと、ふるさと便り「おおだお」を当時の青年会が発行(2010年1月現在、第43号まで発行。)を始めました。当初は、盆と正月の年2回発行していましたが、現在は、正月の年1回発行としています。
 また、公民館便りの発行を、昭和51年4月15日より干場公民館長を中心に発行を開始しました。編集の充実を図るため、昭和61年7月に太田尾公民館だより編集クラブを結成(編集長:山戸満)しました。
 昭和61年には、青年会が解散となり、ふるさと便りの発行を継続するため、地区内の有志で編集クラブを改め「太二会(第2土曜日に集まり編集をする会)」と名付け、年1回のふるさとだよりの発行を引き継ぎました。(第20号より担当)
 太二会は、毎月発行する公民館だよりも引き継ぐこととなりました。2019年7月現在で第501号となっています。

 太田尾の公民館活動は、継続が力なりと、公民館運営委員会の役員を中心に活動しています。
 昭和45年のグランド整備を機に始まった太田尾ふれあい運動会(平成30年5月で30回開催)や、昭和50年から始まった「太田尾敬老文化祭を毎年開催しています。(平成30年11月で43回目)また、太田尾子供会は、2度に渡って全国表彰を受けています。
青少年育成国民運動40周年記念青少年育成功労者等の顕彰 団体・グループの部 表彰(平成18年11月11日)
内閣府特命担当大臣(小渕優子)賞全国善行青少年団体表彰(平成20年11月27日)です。
他の地区と違うのは、太田尾子供会には、高校生も全員が入って地区行事に参加をしています。(特に、節分豆まきには率先して参加、ふるさと便りには「僕の夢私の夢」や「表紙絵」等の投稿を行っています。)


 その他、正月の1月2日に体育部及び育成部運営の「新春マラソン大会」、1月7日に育成部運営の「鬼火」、2月3日に「節分豆まき」が行われ、8月14日には、故人となられた方の供養と地区民の親睦を図る、「太田尾盆踊り大会」を開催しているほか、運営委員が企画立案する「魚掴み取り&バーベキュー大会」やグランドゴルフ大会パークゴルフ大会を開催するなど、色々な活動を率先して行っています。また、佐賀県や福岡県より自治公民館長さん達が公民館研修で訪れ、交流を図るほか、地区の運営委員等が他の公民館を訪れ研修(2年に1回)をさせて頂いています。交流を希望される方は、メール(info@oodao.net 又はaki-imamu@outlook.jp)でお知らせ下さい。

太田尾地区のデータ 資料編

年月日世帯数
H31.1.1104147251111
H23.1.1122170292119
H22.1.1133175308118

通算:3234 今日:1 昨日:0

}}

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional